ヨガを行う上でも重要な『呼吸法』で期待できることとは?

 

日常生活を送る中で行われる呼吸は、基本的には無意識に行われているものであり、意識的に呼吸を行っている方というのはそれほどいらっしゃらないでしょう。

 

しかし、呼吸はやり方を工夫することで心身によい影響をもたらすものとされています。

 

呼吸を意識的に行う訓練のことを『呼吸法』といい、呼吸の訓練を行うことは心身の訓練を行っていることと同等の価値があるようです。

 

ここでは、ダイエットを行う方々や、体質を変えたい方々からの評判が高くなっているヨガを用いた呼吸法を取り上げ、ヨガを用いた呼吸法の内容や効果についてお話ししていきたいと思います。

 

ヨガでは呼吸法が非常に大事

 

ヨガで行われる呼吸のことを『プラーナヤーマ』といい、生命エネルギーをコントロールする上で重要な位置付けとなっています。

 

十分な量のエネルギーを全身に送り出すためには、深呼吸が必要不可欠となりますので、ヨガを行う際には呼吸法にも注意する必要があるわけです。

 

ヨガを行う際の呼吸法は様々ですが、その中で一番有名な呼吸法が『腹式呼吸』であり、学生時代吹奏楽部に入部していた方などであれば、よくご存知かと思います。

 

腹式呼吸はどのように行えばいいの?

 

腹式呼吸は非常にシンプルな呼吸法で、日常生活上で無意識に行う呼吸は、肺で呼吸を行うため、膨らむのは胸ですが、腹式呼吸の場合は、文字通りお腹を使うことになります。

 

腹式呼吸を行う方法については、以下をご覧ください。

 

@へその部分に意識を向けて、鼻から少しずつ空気を取り入れていくわけですが、この際、腹に空気を送り込んで膨らませてあげることがポイントです。

 

腹に手を添えて行えば、腹が膨らむという感覚がつかみやすいかと思います。

 

A腹に送り込んだ空気を鼻から少しずつ吐いていきます

 

この時、普段から腹式呼吸を行っていない方の場合は、2、3回行うのも苦痛に感じてしまうかもしれません。

 

腹式呼吸を行うことで期待できること

 

呼吸法次第で期待できることも変わってきます。

 

腹式呼吸を行うことで、気分を落ち着かせる効果や、内臓脂肪を燃焼させる効果、便通がよくなる効果などが期待できます。

 

これだけでも、腹式呼吸を行うことで体の内部から健康になれることが十分にお分かりになることでしょう。

 

腹式呼吸は数をこなしていけば、無意識に行えるようになるものであり、実際初めの頃は意識的に行っていた方でも、ある時突然無意識に行っていたという方も少なくありません。

 

日常生活を送る中で行える呼吸法ですから、ぜひ試してみることをおすすめいたします。

 

胸式呼吸はどのように行えばいいの?

 

  1. まずヨガマットなどを床に敷いて、その上に仰向けの状態で寝てください。
  2. 腹を引っ込めて、鼻から少しずつ空気を取り込みます。
  3. この時腹ではなく、胸が膨らむような感じで空気を取り入れることがポイントです。
  4. その状態から口から少しずつ空気を吐き出してください。

日常生活上で無意識に行っている呼吸も、行い方をちょっと工夫してあげるだけで、様々なメリットがあります。

 

ここでは、腹式、胸式の二つの呼吸法を取り上げましたが、呼吸法はこの二つだけにとどまりません。

 

呼吸法にはヨガを行っている時のみならず、勤務先や家の掃除などを行っている間でも行えるというメリットがあります。

 

皆さんも自分が期待する効果が得られる呼吸法にぜひ挑戦してみてください。