ヨガの作用によって鬱が治る?

鬱はヨガによっても改善できるとされていますが、それは真実なのでしょうか。

 

実際、鬱がヨガで治った事例もあるようですから、「鬱」と「ヨガ」という組み合わせにも実は意外な関わりがあると考えられそうです

 

ヨガには心身を落ち着かせたり、日々のリズムを安定させたりする作用がありますから、鬱に効いてもおかしくはありません。
さて、ここでは鬱とヨガの関わりについて紹介していきます。

 

 

鬱がヨガで軽減される理由は?

 

ヨガには心身を落ち着かせる作用があります。メンタルが安定して、自分という存在を見つめる事ができるようになります。

 

本腰を入れた瞑想とはならないでしょうが、ちょっとした座禅・瞑想作用が期待できます。

 

ちなみに、近年では特に「朝ヨガ」がブームとなっています。ヨガを起床直後に行う事によって、気持ちと脳がスッキリするのです。

 

また、ハワイ等では屋外でヨガを行う事もあるようです。気持ちの良い気候とフレッシュな風がヨガの作用をアップさせてくれるようです。「さすがヨガの本場ハワイ」と言ったところです。

 

ですから、晴天時にヨガを行うのであれば、ベランダや庭に出て実践するようにすると、いつものヨガに比べて効果がアップするはずです。

 

また、ヨガスクール等に行けば仲間と共にヨガを行う事になりますから、コミュニケーションを取る事で心が豊かになり、心のモヤモヤが消えやすくなるのでおすすめです。

 

そして、身体の中の毒を追い出す作用もヨガにはあるので、それによって人体が元々有している自然治癒能力をアップさせる事が可能です。

 

これによってメンタル的にスッキリできるため、日々の生活を落ち着いて、かつ元気に行えるようになります。

 

さて、ヨガを行う際には呼吸を意識する事もとても大切です。じっくりとフレッシュな空気を身体の中に取り込んで溜めます。

 

そして、時間をかけて徐々に吐く事により、身体中が元気になるのです。

 

このヨガ特有の呼吸法を続けていく事によって、身体の中の機能が活性化してくれるはずです。

 

また、身体の歪みを改善する作用もヨガにはありまして、それと共にメンタルも安定していきます。

 

そして、新陳代謝を良くしたりホルモンバランスを安定させたりする作用もありますから、ヨガは鬱に効くのです。

 

重度の鬱である方はもちろんの事、最近クヨクヨする事が多いですとか、鬱っぽいと感じる方なども、ぜひヨガに取り組んでみてください。