不妊症がヨガで軽減される!?

 

科学的に証明されてはいないものの、ヨガによって不妊症が改善するのではないかと話題になっています。実際ヨガを行う事で、赤ちゃんを授かりやすくなったり、授かったりした方がたくさん存在するそうです。

 

ここでは、ヨガと不妊症の関わりについて解説していきます。

 

まず、ヨガを行うと血行が良化されます。この事実から赤ちゃんを授かりやすくなるのではないか?と見られています。

 

そして、骨盤の歪みを正す作用もヨガにはあるので、それによって女性ホルモンが安定して赤ちゃんを授かりやすくなるのではないか?とも見られています。

 

繰り返しになりますが、科学的にしっかりと証明されているわけではありません。しかし、有力な説となっている事は確かです。

 

実際近年では、そのものズバリ「子宝ヨガ」や「不妊ヨガ」なども登場しているそうです。

 

それから、ヨガのリラックス作用によっても不妊が改善されるのではないかと見られています。

 

自律神経が乱れると、眠りが浅くなったり、発汗が多くなったりします。このように、身体にとって自律神経というのは非常に大事なものであると言えます。

 

そして、ヨガを行えば自律神経が安定しますから、身体の機能も整って赤ちゃんを授かりやすくなるのではないか?とも見られています。

 

心身共に落ち着いて、自律神経が安定して、女性ホルモンが程良い運動によって安定すれば、赤ちゃんを授かりやすくなるとも言われています。

 

ちなみに、体温をアップさせたいのであれば「ホットヨガ」がおすすめです。基礎体温と妊娠には密接な関わりがあると言われていますから、試す価値は十分にあると思います。

 

そういう事もあってか、ヨガスクールに通っている女性は非常に多いです。

 

そして同じスクールに通う仲間と仲良くなって、赤ちゃんを授かりやすくするための手段や不妊症を治すための手段を話しあったりすれば、更に子供ができやすくなるはずです。

 

また、ヨガには、人体の内臓の位置を最適な場所に戻す作用もあるとされています。

 

これによって、子宮が元々持つ赤ちゃんを授かるための能力をアップさせる事ができると見られています。もちろん妊娠目当てでなくても、心身共に落ち着きますし、良い運動になりますから積極的にヨガを行う事を推奨します。