「眠り」でお悩みの方、ヨガを始めてみませんか?

 

安眠に効果的

 

ヨガは安眠効果があることでも知られています。

 

イライラや不安などを抱えていたり、体の不調や冷えなど、眠れなくなる理由は多岐にわたります。

 

ですがゆっくりとした呼吸とポーズを意識することで、これらの悩みを解決することができます。
それを裏付けるかのように、ヨガを行うとその日はぐっすり眠れたと実感する人も多いのです。心身ともに穏やかになることが、眠りにもいい影響をあたえていると考えられます。

 

安眠を得たいのであれば、ヨガにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

瞑想の効果とは

 

ヨガでは意識的に呼吸をコントロールしたり、様々なポーズをします。すると酸素を体の隅々まで運ぶことができるので、血の巡りも改善し心身を穏やかにすることができす。ま

 

ぐっすりと眠るためには、心身の緊張を取り除くということが必要不可欠です。それを可能にしてくれるのが、ヨガなのです。

 

ヨガでは瞑想も行いますが、瞑想も眠りと関係があります。

 

瞑想による鎮静作用が、安眠につながるのです。

 

安眠におすすめのポーズ

 

安眠のためには、就寝前にヨガをするのがポイントです。
なかでもシャバーサナとよばれる、ヨガの仕上げに行うポーズは安眠におすすめ。

 

仰向けの状態で足を肩幅と同じくらいに広げたら、手と体の間にはこぶし1個程度のスペースを開け、手の平を天井に向けます。

 

目は開けずに、口はありのままの状態で開き、腹式呼吸を続けます。

 

この時、体に力を入れてはいけません。
心の安定にも作用するため、それが安眠をもたらせてくれるのです。

 

同時に瞑想の効果を得られるのもシャバーサナの特徴。

 

人は寝ている間に記憶の整理をしています。瞑想では無の状態でただゆっくりとした呼吸だけが行われるので、寝ている間に行われる記憶の整理をシャバーサナを行っている最中にすることができます。
そのぶん寝ている間に脳が稼働する必要もなくなるので、安眠につながるのです。

 

ヨガでは幸せホルモンも増やせる

 

幸せホルモンともいわれるセロトニンを、ゆっくりとした呼吸で増やすことができるため、心の健康にも役立てることができます。

 

ヨガではリラックスしたり、よく眠れるようになりますが、それはセロトニンが増えることも関係しています。

 

呼吸を自身で調整すると、セロトニンを増やすことが可能になります。

 

眠りの質を高めるには、ゆっくりとした呼吸が必要

 

安眠を得るには、副交感神経の働きが重要な鍵となってきます。
ヨガによるゆっくりとした呼吸は、副交感神経を活発にさせることが可能です。すると身も心も、自然と穏やかな状態になり、セロトニンが増え安眠のために最適な環境を作ってくれるのです。

 

きちんと寝ているつもりでも眠気に襲われたり、体がすっきりしない…という人は、ぜひシャバーサナのポーズをしてみてください。
きっとその効果を実感できるはずです。